マンガと映画を愛する冒険おっさん日記

おっさんが体験してきた冒険の記録

「さよならオフィーリア展」ついに閉幕!

みなさん、ありがとう!

「さよならオフィーリア」展

Photo by Mutsumi Ikeya

 

5月9日(金)から開催していた小説を体感してもらう不思議な展示「さよならオフィーリア展」が昨夜を持って無事に終了いたしました。

 

ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございます。

 

そしてこんな無謀な企画に参加してくださった中村義昭さん、長谷川諭子さん、内田努さん、浜田泰介さん、池谷睦美さん、平野新之介さん〈作品掲載順〉、ならびに会場を提供して下さったからーず。さんにも心より感謝を申し上げます。

 

まだまだ終わらないぜ

読んだことのない小説を写真や絵の作品と断片的な文章から想像する、という不思議な空間はもう体験することはできませんが、何らかの形でこれを疑似体験できるようなものを作れたら、とは考えています。

ぶっちゃけ今回の小説は引くほど大量に刷っているので、それをさばきたいというのも本音。

小説から発想を得たカメラマンの長谷川さんが、ある登場人物にスポットを当てて作ってくれた写真集が素晴らしく、それを、小説を読んでくれた人にもぜひ見てもらいたいというのも本音。

長谷川諭子写真集

だって、写真集に関しては作者の出雲が「〇〇〈ネタばれになるので伏せます〉ってこんな感じの人だったんだぁ、と逆に感銘を受けた」と言ったほどの出来なのです。

 

とはいえ、グループ展なのでこちらの一存では勝手にはいろいろできず、いま調整を進めています。が、これまたぶっちゃけ、展示が終わったばかりで、そこまで頑張れる体力が残っていないという現実もあります。

 

決まり次第、すぐにご報告しますので、たまにでいいのでこのプログを覗きに来てください。

 

今回の展示でわかったこといろいろ

初めて展示をして気づいたことがいろいろありました。

一番ショックだったのは「絶対に行きますよ」とか言ってた人が全然来なかったりするこでした。これに対して当初、僕は「ふざんけなよ、来ないんだったら最初から来るとか言うな」とか思ってました。

でも、冷静に考えるとしょうがないことなんですよね。展示期間はそんなに長くありませんし、人によっては急に仕事が入ってきたり、出かけられない用事が入ったりってありますもんね。

いまはそりゃそうだよね。と思っています。

なので、「ヤバイ。行きますって言ったけど行けなかった」と思ってる方、いらしたら、遠慮や気兼ねをせずにまた声をかけてください。こちらももうまったく気にしていません〈嫌味とかではなく本気でです〉。

 

逆にこんなことで縁が切れてしまうのはもったいないと思うのです。

みなさんのご連絡、こころからお待ちしています。

 

展示って楽しいんだよ

ちょっと気まずいことを書いてしまったので、そうではないうれしかったこともちゃんと書いておこうと思います。

展示をやると意外な人が来てくれたりすることがあります。

今回の場合はグループ展だったので、僕は存じあげないそれぞれの関係者が来てくれたこともありました。

また、こちらから特に宣伝も連絡もしていなかった友達が来てくれたこともありました。

久しぶりに会う方が興味を持って来てくれたこともありました。

お店の常連さんが観に来てくれたこともたくさんありました。

 

当然なのですが、中には全然興味を示さなかった方もいらっしゃいます。

展示を観に行って5分も経たずに戻ってきた方も少なくありません。

じゃあ、みんながそうかと言うとそんなことはなく、中には30分以上かけて展示をじっくり観てくださる方もいらっしゃいました。

 

いろんな方がいらっしゃいます。

こちらとしては、ただ観に来てくれた、それだけでうれしいのです。

小説を買ってくれたりしたり、もう小躍りするほどうれしいのです。

 

何回も書いて申し訳ありませんが、みなさん、本当にありがとうございました。

 

展示をやろうか悩んでる方へ

展示をやったことがない方は初めてやることに抵抗があると思います。

実際、やってみると予想外の面倒ごともとんでもなく出てきます。

ただ、それでも「やったほうが楽しいよ」と今は言いたいです。

個展もそうですが、グループ展ならなおさらです。

始まる時と終わった時の感動って、まず普通に過ごしてたら味わえないものですから。

 

展示をやろうと思った方

ぜひ、からーず。に来てご相談ください。

日程の都合とか、展示のタイプとかによっては対応できないこともありますが、基本的に相談には乗ってくれると思います。

飲みに来て店員さんに「展示がしたいんです」と聞いてみるのが一番です。

あとひとつ、今回の展示で感じたアドバイスめいたことを〈偉そうですみません〉。

「人にイライラするぐらいなら、自分にイライラしろ」

誰かが何かをやってくれないとか悩むだけ無駄です。自分が率先して動いていけば、参加してくれる人は少なからず何かしら応えてくれます。

応えてくれないメンバーなら以降、一緒にやらなければいいだけです。

僕は今回ほど、参加してくれた人に助けられたと思ったことはありませんでした。

みんな必死で、みんな真剣に、向き合ってくれました。

ちょっと気取った言い方をしてしまえば、そういう場にこそ、感動って生まれるんだと思います。

展示、楽しいよ!